2004年11月 | 虹 ・ 色 RECORD
HOME   »  2004年11月
RSSフィード
今日はアブ(スタジオ)2階ホールで行われる恒例の?ライブを観戦
今回isaがPUREメンバーとしてアンプラグド・ライブを行うとの事。
残念ながらメンバーの都合上バンドとしての参加は出来なかったようだ。

いつもBassを弾いているところしか観た事がないオイラはGtの腕前を見るという使命も背負っている。
(スタジオで俺のGtで遊んでるとこは観た事あるんだけど・・・。)
時間ギリギリまでカウンターで喋っており、緊張感は感じられない(苦笑)まぁ今回は前座気分、楽しむってことか?と理解・・・。
なにせ来るお客のウーロンやら、オレンジジュースやら、ビールをカウンターに入ってマスター気分で出しているんだから(笑)
まぁそれもisaらしいなーって見ておりました。(ちゃっかりオイラもウーロン頼んだし・・・)

ホールの中に入ると、前よりきれいになっておりました。メインスピーカーも新しくなってるし。
でも雰囲気は昔のまま。「昔、ここでラルクのコピバンでライブしたなぁ」なんて思い出に浸って・・・。
そのライブが最初で最後でしたが・・・あぁ懐かしい・・・。

なんて思っていたらMCスタート!

最初は2人の弾き語りから始まり、途中からキーボードがステージに上がるというスタイルだった。
えぇ~カバーが3曲、オリジナル3曲?の構成だったかな?(うる覚え)
なかなかいいライブだった。
結構聴きいちゃって、デジカメ持っていたのに3枚しか撮れず(苦笑)
温かい拍手と、歓声でなかなか盛り上がっていた。

最後の曲は「なごり雪」をチョイス。isaがメインVoを取るというサプライズが!←(彼らなりのらしい)
ちょっとしたミスがあり仕切り直しがあったが、(なぜか笑いが起こった(笑))
なかなかどうして良かったんじゃない?
PUREメンバーに言わせると、いやらしい歌い方だそうです。

それから打ち上げに参加させてもらい手羽先・もつ煮を堪能 旨かった!
俺としてはもっとバンドの話や音楽のことを語り合いたかったのだが、まぁそこは人それぞれだしね。
今日はお客だし、なんとなく聞き役に回っていた。

バンド掛け持ちするって大変だけど、違うメンバーや違うジャンルの対バンから受ける刺激は大切だと実感した。
良い点も悪い点も自分の反省材料として今後に生かせる気がする。
スポンサーサイト
何気にBLOG皆勤じゃないんだけど、タイトルのみ0時前に滑り込ませるのは反則らしい。
トラックバックする時なんて結構使うテクニックだよ(苦笑)

ロープブレイク3秒間って話が出たけど、ここはPRIDEのリングなんだ!
何でもありなんだ、3点ポジションでの打撃も許されているんだよ。



バンドって何が必要なんだろうって良く考える。

人のライブを観に行って刺激を受けたりして、もどかしくなったりする。
特に日曜のライブも然り。

ライブに向けて練習するんだけど、やっぱり人前に出る以上は恥ずかしいプレイはしたくない。
観に来てくれている人が「いいな。」って思ってくれることをやりたいと思う。

だけど、結局その演奏、ライブを評価するのは自分自身なんだ。
ある種ナスシスト的な評価なんだけど、自分自身が納得行けばいいライブになる。

まぁ納得することなんて無いんだろうけど・・・。
1歩1歩前進していければいいと思う。

メンバーあっての自分だから、迷惑かけないようにしているつもり。(笑)

いつもオイラはメンバーに「褒められて伸びる子だから」って言っている。
だからドンドン褒めて(笑) ダメ出しは嫌と言うほど自分自身でしているので・・・
今日は以前一緒にバンドをやっていた友人のワンマンライブに行った。(以下:彼)

偶然とは恐ろしいもので、そのバンドのVoが以前組んでいたバンドのギターも
オイラと一緒にバンドを組んでいた事がある。

つまり・・・2人に渡って友人繋がりの偶然があるのだ。

窓枠(ライブハウス)もワンマンライブをするのは始めてらしく、気合が入っていたぽい。
ワンマンにあたり、花やカップラーメン1ダース、三ヶ日みかん1箱(笑)の差し入れが届いていた。

一緒に行ったやぎっちは、何故か自分のライブじゃないのに緊張しているという
どんなジャンルなのか、どんな音を出すのか、最大は彼の成長を観る怖さというか、期待感が高鳴ったのだろう。

照明が落とされたライブハウスの舞台にスーツ姿の4人登場!
 (女の子のファンから「スーツだよ!」三村バリのつっこみが入る)
初めのMCもそこそこに演奏スタート、初ワンマンという事もあり全員緊張しているように見えた。
でも、さすがライブ慣れしているせいか1曲終わる頃にはそんなことも吹き飛んでいた。

オイラはやはり友人の彼(G)を目で追ってしまう
最近は連絡も取っていなかったからホントに久しぶりの再会(こっちはお忍びで来てるんだけどね。)
ライブパフォーマンスは見違えるほど良くなっていた。
メンバーとの息も合っているようだ。

でも、彼のギターから奏でられる音は変わっていなかった。
いい意味で変わっていなかった、それが特徴でもあるから。
エフェクターが変わっても、ギターが変わってもその音は懐かしい感じがした。

感情が出やすい(熱い)彼だから終盤ちょっとしたハプニング?があったが、そこも変わってなかった。 でも演者の感情出しすぎは客引いちゃう時があるから注意だね。

みんな巧いし、とても良かった。

感じた事は、やぎっちと一緒 「本当の彼の居場所を見つけたんだね。」



アンコールの後、彼に声をかけることなく帰路についた。
帰り車の中でお互いの感想を言い合い、笑顔だった。

やぎっちは「良かった、最後の曲 俺好きだなぁ~CD欲しいなぁ」と言っていたが、
その心の奥底に何か感慨深い、言葉に表せない「何か」を感じた。
やぎっちは俺よりもその彼との付き合いは長いわけで、走馬灯のように何かよぎったのかな?

その彼も「やぎさんのドラム好きだよ。俺が感じたように音が返ってくる。」オイラに語っていた。
さびしくもあり、懐かしくもある1日だった。

やぎっちはその夜のメッセで「うちはうち」って言っていた・・・
(あんた男だよ!男の中の男だよ。)←高田統括本部長


先着40名に配られた彼のバンドのブロマイド写真・・・・捨てていいですか?(苦笑)
Twitter
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

PAGE TOP